歯の健康を守る

唇からのぞく歯

歯を保存するという考え方が歯科の中でも広まってきており、これは美容のために歯を白くしたり口腔内をきれいにするという業界においても同じことが言えます。 保存的な方法として歯を白くする施術は、基本はクリーニングです。そもそも歯磨きが適切にできていない人はクリーニングを行うだけでも見違えるように歯が白くなることもあります。それで不十分である場合にはホワイトニングが行われます。基本的には漂白を行うことによって歯を白くするという方法であり、歯を削ってしまったりする必要はないことから保存的な歯科施術としてよく用いられます。 一方、歯茎に対してはレーザー照射によるメラニン色素の除去がピンク色の歯茎を取り戻す方法として広まっています。

保存的な方法による歯科治療によって白い歯やピンク色の歯茎を手に入れる方法がありますが、特にホワイトニングでは獲得できる歯の白さに限界があります。真っ白な歯にしたいという願望を叶えるためには保存的な方法を断念せざるを得ず、セラミックを用いて人工的に白い歯に見せる方法がとられるようになるのが一般的です。 セラミックを用いる方法も多数開発されてきています。歯そのものを交換してしまう方法もありますが、それに比べて保存的な方法もあるのです。例えば、歯の前側を中心にして薄く削ってセラミックの板を取り付けるラミネートベニアといった技術や、表面を全体的に削って被せものをするクラウンといった技術です。強度が必要な場合には金属を内側に埋め込むこともでき、需要に応じて様々な歯科技術が開発されているのです。